ふるさと鳥取県定住機構
ふるさと鳥取県定住機構

10月8日(金)曇後雨 板井原集落の散策

戻る

雲行きの怪しい朝、午後は雨模様なので早めに、家を出発する。今日は先日、板井原地区に藍のたたき染め体験で行った折、散策ができなかったので、再び訪れることにした。


板井原集落に到着後、早速案内図を手に、清流沿いの六尺道を歩き、集落へと足を運ぶ。すぐに、開けた農地がある辺りに来ると、ミゾソバの花が一面に咲いていて可憐なピンクの花がとてもきれいであった。


しばらく眺めていると、エナガを先頭に、シジュウカラ、コガラ、コゲラ続いてヤマガラとおなじみの小鳥たちの集団が、出迎えてくれた。



広島にいる時はいつも近くの山で、出会う光景だが、智頭町では初めてである。智頭町は落葉樹が少なく殆ど杉山のため、虫や木の実が少ないせいか、小鳥を見かけないのではないかと思う。 

集落の入り口には六地蔵が立っていて、これは疫病や悪霊が入らないよう村境に立てられているそうだ。もう少しゆっくりして「野土香」にも寄りたかったのだが、雨がひどくなったので、隣町の用瀬までドライヴして智頭町へ戻る。


村の入り口の六地蔵(左)と集落で見つけた紅葉の始まり

カフェ「ミント」でお昼をする。
ビーフシチューがとても美味しかった。店主さんが近々セラピー弁当を始めるとおっしゃったので、体験者として私たちが感じたことを話した。

ふと今日は金曜日だから、「パン工房アイ」の天然酵母食パンが買えるのを思い出したので、新田地区まで足を伸ばした。

今夜の夕食は出来立てのこのパンにすることにした。

智頭町 田舎暮らし徒然日記カレンダー

プロフィール
9月26日(日)晴時々曇 広島から智頭町へ 9月27日(月) 晴れのち雨  森林セラピー体験 9月28日(火)晴夕方から雨  杉玉作り体験
9月29日(水) 晴後曇 雑誌「田舎暮らしの本」の取材班来訪 9月30日(木) 雨後曇 藍のタタキ染め体験 10月1日(金)晴 光専寺襖絵拝観と新田地区散策
10月2日(土)晴後曇 芦津地区祭り準備に参加 10月3日(日)曇後雨 植林ボランティア活動 10月4日(月)雨のち晴 極楽寺写経体験と那岐地区散策
10月5日(火)曇時々雨後晴 智頭宿の散策 10月6日(水) 晴 曲ワッパの製作体験と牛臥山(公園)散策 10月7日(木)晴 波多(はた)地区・花祥庵訪問
10月8日(金)曇後雨 板井原集落の散策 10月9日(土)雨後曇 「いろりの家」の後片付けと能面師訪問 【番外編】10月10日(日)雨後曇時々雨  芦津神社秋祭り見物
あとがき~田舎暮らし体験を終えて~

Twitter

  • facebook
  • LINE@
ふるさと鳥取県定住機構

〒680-0846 鳥取市扇町7鳥取フコク生命駅前ビル1階
TEL0857-24-4740 FAX0857-24-4736

ふるさと鳥取県定住機構TOPへ