ふるさと鳥取県定住機構
ふるさと鳥取県定住機構

見学:お試し住宅【湯川団地 鬼楽庵】

見学:お試し住宅【湯川団地 鬼楽庵】


お試し住宅【湯川団地 鬼楽庵】

 鬼楽庵は、長期滞在や二地域居住体験ができるお試し定住施設です。観光を目的とした露天風呂や、山海の豪華料理でもてなす貸別荘ではありません。

 農業体験をはじめ、多種多様な体験メニューが楽しめます。

概要

  所在地/鳥取県鳥取市鹿野町鬼入道   木造瓦葺き2階建

  ■ご利用案内

  滞在期間 : 1日~1ヶ月まで      定員 : 20名程度(グループ・家族)

  利用料金 :  1日(1人)6,000円、
1週間(一棟)21,000円、
1ヶ月(一棟)52,500円

  ▼お試し住宅の詳しい情報はこちら!(㈶鳥取開発公社のページへとびます)


読者モニターの感想

 ◆移住体験施設を見学して

木のぬくもりが感じられる、しかもデザイン・間取り等、すばらしい住居でした。オール電化になっていて、サッシ窓にはペアガラスが入っているし、バスも広い。階段が吹き抜けでおしゃれ!玄関は、それこそミニバイク数台は入るくらい、広々。各部屋との敷居は、バリアフリーな感じで、段差なしです。キッチンも収納が十分すぎるくらいあるし、建物全体的にも、すばらしい。

敷地面積も広々、隣とも近づきすぎていません。 残念ながら、当日は雪でしたので外回りがあまり見ることができませんでした。しかし、すぐ近くには、家庭菜園の土地があるそうです。見学できた家は、2階立てでしたが、隣の施設は、平屋でした。外から見ただけですが、外観もすばらしく、ウッドデッキ的なテラスがあり個人的には、こちらの方が、気にいりました。 なにより、ひさしが長くとても贅沢な感じ。どちらにせよ、鳥取県での移住生活が、快適にできることは、間違いないでしょう。 ただ、“田舎暮らし”ではなさそうです。北村さんの住居がある様な所にも施設があればなぁと思いました。野中の一軒家の古屋でも、楽しい田舎体験ができそうに、思います。
(浦川)

大変立派な施設を整えられており、鳥取県の移住推進の真剣さが伝わりました。あまりに立派で住み替えたくなくなってしまう心配はありますが(笑)。いきなり住まいを購入しても実際に住みはじめて「こんなはずでは…」という失敗をなくすためには移住者、受け入れ側双方にとっていいシステムだと思います。
費用対効果は心配ですが、県の負担はさほどでもないとのこと。IUターンの方で定住が決まれば、かなりの確率で利用されるんだと思います。
(福嶋)

ギャラリー

 
 

▲もう一度記事を読む
▼TOPページへもどる

Twitter

  • facebook
  • LINE@
ふるさと鳥取県定住機構

〒680-0846 鳥取市扇町7鳥取フコク生命駅前ビル1階
TEL0857-24-4740 FAX0857-24-4736

ふるさと鳥取県定住機構TOPへ