信頼と実績に根ざしたとっとり「おもてなし」企業

心温まるガーデンウエディングで幸せに満ちた「おもてなし」 株式会社 プリムローズガーデン〈大山町〉


東京ドームと同じ広さの イングリッシュガーデンが 結婚式の舞台です

国立公園大山の山麓にある日本有数のリゾート地、大山あけまの森。ペンションなどが立ち並ぶこの森の中に、「プリムローズガーデン」は1万6千坪という、およそ東京ドーム1個分の敷地を誇っています。 四季折々の花が咲く広大なイングリッシュガーデンを設計デザインしたのは、本場イギリスで庭園づくりを学んで帰国した小栗社長です。大山の恵まれた自然と、この庭園を多くの方々に楽しんでもらいたい・・・・。小栗社長のそんな想いから平成19年(2007)、当時はまだ珍しかったガーデンウエディングがスタートしました。

以後、1000組余りの結婚式をプロデュースし、その素晴らしいロケーションとアットホームなおもてなしから、現在、インターネットの結婚式場選び口コミサイトで鳥取県第1位を獲得するなど、今では人気の結婚式場として地元の人々に親しまれています。


身内を思いやる心で 大切なゲストをお出迎え

同社では「ゲストを自分の家族だと思っておもてなしをする」を心がけ、現在11名の社員がウエディングプランナーとして活躍しています。会社理念としては「地域の宝となるガーデン造りを目指す」「満足していただける接客」「利益は庭園づくりに還元」この3点を重視し、社員一同『おもてなし力』の向上に努めています。  「ウエディングプランナーは人柄が大切だと思います。笑顔の素敵な人がいいですね」と求める人材について語る小栗社長。
社員の方々は馬車やオープンカーでの入場など、その素敵な笑顔で広大な敷地を活用した披露宴プランを演出し、新郎新婦の幸せな思い出づくりをお手伝いしています。


地域のガーデンとして継承していきたい

「庭は草花や樹木の生育とともに成熟していきます。これから植栽などの造形をもっと充実させ、ウエディングとしてだけでなく地域の癒しの場所として継承していきたいと考えています。そのためにも他にはない『ガーデン』としての価値を高めたいですね」と今後の抱負を語る小栗社長。 

平日、庭園は解放され自由に散歩を楽しむこともできます。それを知った地元の方々が訪れる機会も多くなり、ますます地域の大切な自然を守る企業としての存在感が高まっています。  優しいそよ風、野鳥のさえずりなどに心癒される職場は、なかなかあるものではありません。アットホームな『おもてなし』のガーデンウエディングを、素晴らしいロケーションでプロデュースするプリムローズガーデンで、お客様の幸せな時間をお手伝いしませんか。


IJUターン者採用について

採用情報については、ふるさと鳥取県定住機構でお問い合わせの受付を行います。


IJUターン希望者へのメッセージ

代表取締役

小栗 かおるさん

三重県生まれ。ガーデニングを学ぶため24歳から3年間、イギリスに留学。27歳で帰国。2005年、プリムローズガーデンを設計・プロデュースするために鳥取県にIターン。


先輩からのメッセージ

チーフコーディネーター

平成19年入社

中塩 芙美さん

新郎新婦に寄り添うように結婚式のお手伝いをさせてもらっております。夢と希望にあふれるウエディングをコーディネートしながら、大山という素晴らしい自然を背景にした私たちのイングリッシュガーデンを守り育てていきたいと思います。


アドレス

株式会社 プリムローズガーデン

鳥取県西伯郡大山町鈑戸あけまの森1570
電話番号 0859-48-5050
FAX番号 0859-53-8181
WEBサイト http://www.primrosegarden.co.jp/


ページのトップへ