真心を尽くしたサービスで地域を支える。 とっとり「介護」企業

常に先進的な介護に挑戦し、さらなる介護サービスの向上を目指す。 社会福祉法人 こうほうえん〈米子市〉


介護サービスの先駆的な存在

社会福祉法人こうほうえんは1987年(昭和62)、境港市で特別養護老人ホーム「さかい幸朋苑」の事業を開始するために設立されました。

以降、デイサービスセンター、在宅介護支援センター、ホームヘルプサービスセンター、ケアハウスなどの運営を次々と開始して事業を拡大してきました。

その間、全国で初めてショッピングセンターに在宅介護支援センターの出張相談所を開設したり、夜勤をする従業員の子どもたちの安全な保育を目的に、山陰で初めて24時間対応の保育所を開所するなど、いつの時代も一歩先を歩んできました。

今日では介護施設と保育所を併設するなど、介護サービス、保育サービス、さらにリハビリテーションを融合した事業を展開しています。


高度な介護サービス力を支える熱心な教育研修

現在、事業拠点は境港市、米子市、鳥取市に所在し、2007年(平成19)からはその拠点が東京にも広がっています。拠点全体の従業員数はパートを含めて約2000人余りが活躍しておられます。

従業員への熱心な教育研修でも知られ、一般的な技術研修に加えて、デンマーク、アメリカなどでの海外研修も実施されています。また毎年1回、従業員の介護の質、意識向上のため、従業員による研究発表会を開催、今年は約100名の従業員から疑問に思ったこと改善に取り組んだことなどが発表されました。
 このような取り組みが高度な介護サービス力を支え、2010年(平成22)には社会福祉法人として初めて「ハイ・サービス日本300選(※)」に選定されています。

また、厚生労働省などの後援で鳥取県が共催する「オールジャパンケアコンテスト」の主管を務め、県内外から参加した介護士やヘルパーが会場で披露する実技を審査して優秀者を選出するなど、介護の質の向上を目指した活動を積極的に展開しています。


介護の仕事の魅力を伝えたい

「介護の業界は常に進化しています。今日では、住み慣れた地域で最期まで暮らせるサービスが求められています。これに対応して、今後は地域包括ケアの体制を充実させていきます。従業員としては看護士、介護士、保育士を募集中です。明るく健康的で思いやりのある人を待っています」と語る、副理事長の廣江晃さん。

一般的に介護の仕事は大変さばかり強調されますが、「やりがい」「おもしろさ」があることを知ってほしいと、2年前から、地域の高校での出前講義も始められました。

設立25周年となる今年4月には、法人設立から今日に至るまでをルポルタージュ形式で紹介した記念本『変わる勇気、変える勇気』も発刊されました。一読して介護に興味を持ったら、ぜひ、この分野に飛び込んでみてください。

※イノベーションや生産性向上に役立つ先進的な取り組みを行っている企業・団体を表彰するもので、サービス産業生産性協議会によって選定されています。


IJUターン者採用について

採用情報については、随時ホームページに掲載いたします。

また、ふるさと鳥取県定住機構でもお問い合わせの受付を行います。


IJUターン希望者へのメッセージ

副理事長

廣江 晃(こう)さん

米子市出身。医学博士。趣味は読書、サイクリング、クラシック音楽鑑賞。歴史小説が好きで愛読する作家は加藤廣、司馬遼太郎。休日は体力づくりを兼ねてサイクリングで温泉巡り。いつか、自転車で地中海一周をするのが夢。

※メッセージは下のリンクから動画でご覧ください。

メッセージ動画へ

先輩からのメッセージ

介護士

平成20年入社

近藤 絵理さん

私たちは個人の尊厳を守り、一人ひとりに合わせた介護を行っています。地域や家族とのつながりを大切にして、利用者のみなさんに喜んでもらえるケアを心がけています。専門学校の実習生の受け入れも充実していますよ。


アドレス

社会福祉法人 こうほうえん〈米子市〉 

鳥取県米子市両三柳1400
電話番号 0859-24-3111
FAX番号 0859-24-3113
WEBサイト http://www.kohoen.jp


ページのトップへ