専門分野で独自の道を切り拓く「とっとり情報企業」

皆生温泉で唯一、自家源泉を保有する温泉旅館。 株式会社 皆生グランドホテル〈米子市〉 


新しいタイプの旅館として創業

白砂青松の美しい景観が続く皆生温泉に、団体向け旅館として株式会社皆生グランドホテルは1967年(昭和42)に創業しました。当時、男女専用の広々とした大浴場を備えている温泉旅館は中国地方でも珍しく、その後段差のないバリアフリー設計をいち早く採用するなど、これまでにない新しいタイプの旅館として地元で注目されました。

「喜んでもらう喜び」を創業の精神に掲げ、創業当時には従業員がカッパに扮して皆生温泉をPRする「カッパ祭り」や、「おばけ屋敷」といった楽しい企画を次々と実施して人気を博し、オープンから7年後には県下でも最大の集客力をもつ旅館となっていったそうです。

以後、旅行スタイルが「団体」から「個人」へと変化する中、個人向け高級旅館として「華水(かすい)亭」を1989年(平成元年)にオープン。創業25周年を迎えた1993年(平成5)には、「皆生グランドホテル天水(てんすい)」へとリニューアルして現在に至っています。


お客様に喜んでもらうことが社員の喜び

社員募集は毎年、高卒の方を中心に天水・華水亭合わせて10名程度の客室係を募集されています。

「当社は〝お客様に喜んでもらうことを私たちの喜びとする”を社是とし、お客様に喜んでもらうサービスができる人を求めています。“おもてなし”はマニュアル通りにはいかないものです。お客様の気持ちを繊細に感じとって、迅速に対応できる人材がいいですね。特別な才能がある人よりも、協調性のある人材がほしいと思っています」と語られる伊坂社長。

お客様の心の琴線にさりげなく触れる接客をモットーに社員教育にも注力されています。入社後、約3カ月間の研修で一般的な礼義作法や着物の着付けなどを身につけた後、職場に配属になり、先輩の親切な指導とアドバイスを受けながら仕事を覚えていきます。


地域文化の振興にも貢献

創業からもうすぐ半世紀、その歩みはおもてなしの歴史ともいえます。皆生温泉ではいち早く「レストランシアター」や「外国人タレントショー」を開催したり、夏休みに親子の思い出づくりとしていただくため中庭に迷路を設置したり、海岸でシーカヤック教室を開催するなど、お客様のニーズに対応したおもてなしの工夫をされてきました。

近年では、ペット犬専用の小型宿泊棟の設置をはじめ、夕食バイキングでのカロリー・塩分の表示サービスなども開始されました。また、宿泊客だけでなく地元の方にも楽しんでもらいたいと、ジャズコンサートを開催するなど地域文化の振興にも努めておられます。

皆生温泉にある旅館の中では唯一、自家源泉を保有している「皆生グランドホテル天水」と「華水亭」。豊富に湧出する掛け流しの湯と繊細なおもてなしが、今日も訪れた人の心身を和ませてくれています。


IJUターン者採用について

採用情報については、随時ホームページに掲載いたします。

また、ふるさと鳥取県定住機構でもお問い合わせの受付を行います。


IJUターン希望者へのメッセージ

代表取締役社長

伊坂 博さん

米子市出身。皆生温泉で生まれ育つ。趣味は旅行。北海道から沖縄、離島にいたるまで、旅館の視察をかねて全県を旅した。西村京太郎の推理小説を読んだり、愛犬サルーキを大山のドッグランに連れて行ったりするのが休日の楽しみ。座右の銘は「温故知新」

※メッセージは下のリンクから動画でご覧ください。

メッセージ動画へ

先輩からのメッセージ

華水亭 営業部

平成21年入社

今(いま)麻美さん

旅行に興味があって東京からUターンしました。今はフロント業務を担当しています。大勢のお客様とお会いできるので、毎日が楽しく新鮮な気持ちです。お客様から励ましの言葉をいただくと元気が倍増します。


アドレス

株式会社 皆生グランドホテル

鳥取県米子市皆生温泉4-18-45
電話番号 0859-33-3531
FAX番号 0859-33-3607
WEBサイト http://www.kaike-grandhotel.co.jp/


ページのトップへ