移住体験談

子どもは1日中外で元気に遊べ、大人は自然体でいられる場所

地域の人の優しさと海の美しさに移住を決意

「もともと2人ともアウトドア好きで、毎週のように海や雪山へ出かけていたんです。岩美にもよく来ていました」
 そう話すのは、鳥取県岩美町で地域おこし協力隊として活動する横山たかとしさん(35歳)だ。妻の真由まゆさん(34歳)や幸音ゆきとくん(4歳)とともに、2017年5月に越してきた。
 貴俊さんは、大阪出身で10年ほどサラリーマンをしていた。真由さんも大阪出身で、スノーボードやサーフィンが趣味。
 2人とも田舎で暮らしたいと思い、静岡や長野、四国などを視察。そんななか岩美町で行われた「いわみ暮らし体験会」に参加したところ、地域の人たちの温かさに触れ、移住を決意した。
 「体験会でみなさんによくしていただき、『ここだな』と思いました。祖父母の家が鳥取市にあり、ときどき鳥取に来ていたことも、岩美町がしっくりきた理由かもしれません」(貴俊さん)
 「岩美の海は本当にきれいで。本州にこんなところがあるんだと感動しました」(真由さん)
 ハンドメード作家としてアクセサリーをネット販売している真由さんは、どこでも仕事ができる。貴俊さんは、地域おこし協力隊として、町内のレストラン 「アルマーレ」で活動することになった。
「当初、ピザ窯をガスで温めていたので、地域の人と協力して山に入り、薪づくりから始めました」
 2人とも、移住者仲間や地域の人たちとすっかり仲良しになっている。

_____.jpg

東浜海岸を散歩する横山さん家族。美しい白い砂浜と、青い海が広がる。

_________.jpg

楽しそうに砂浜を走る幸音くん。虫のほか、草花を摘んだりするのも大好きだ。

____.jpg

JR西日本の豪華寝台列車「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」の立ち寄り観光先のレストラン「アルマーレ」。貴俊さんはここでピザ担当として働く。

____.jpg

天然石のアクセサリー作家として人気が高い真由さん。

自然体でいられる場所それが心地いい

 都会っ子だった幸音くんは当初、砂で足が汚れるのを嫌がったりしていたが、今ではすっかり砂浜が大好き。真由さんと一緒に、シュノーケルやSUPなども体験したという。
「保育園から帰ってくると、海で遊んで、それから畑で作業して、一日中外にいます。虫も大好きでカブトムシやクワガタを捕ったり、ホタルも見に行きました」(真由さん)
 海でマリンスポーツをしたり、友達と食事したりと、岩美を満喫している真由さん。貴俊さんは、自然を観察することが好きだという。
「休みには、川の生物をずっと見ていたりしますが、周りの人に怪しまれました(笑)。地元の人にとっては当たり前の光景なので、あまり見ないんでしょうね」
 地域おこし協力隊の卒業後の定着率が100㌫という、岩美町。貴俊さんも任期終了後も岩美町で暮らしたいという。今後は、自分たちで畑をして、魚も獲って、それを提供する宿を開きたいと話す。そのための物件を、すでに岩美町の東端のエリアで購入した。
「まだ何もしてなくて、課題山積のマイナスからのスタートですが、自分たちで改修して2年後にオープンしたいです」(貴俊さん)
 2人に岩美町のよさを聞いた。「自分たちが自然体でいられる素朴な環境が心地いい」(貴俊さん)
「移住者の人も地域の人も、年齢もばらばらな人たちが、なんとなくゆるーくつながっている。気軽に付き合える感じがいいですね」(真由さん)

_________.jpg

キュウリを収穫する。「自分で獲った魚介類や自家野菜を提供する民宿を営む中村さんは、師匠のような存在です」と貴俊さん。

__.JPG

「Beach Cafe & Outdoor"ALOHA"」で海を見ながら昼食。抜群のロケーションだ。

_.JPG

横山さん家族がいま住んでいる家は、町の空き家バンクを活用。都会のときよりかなり広く、掃除が大変だが、住み心地は抜群。

●information● 鳥取県岩美町
鳥取県の最東端に位置し、山陰海岸ジオパークに属する。青く透明な海、棚田や山々、歴史ある岩井温泉など、海、山、温泉が楽しめる。「いわみ暮らしアドバイザー」のサポートも心強い。
<問合せ先>岩美町地域創生室 TEL  0857-73-1553 

宝島社発行「田舎暮らしの本2019年11月号」掲載

新着記事

一覧へ戻る
トップ移住体験談子どもは1日中外で元気に遊べ、大人は自然体でいられる場所