伯耆町

ほうきちょう

mv-prefecture.jpg

県西部、大山の南西部に位置し、北は米子市に隣接しています。
大山の景観を活かした観光振興に取り組んでおり、周辺の地域はリゾート地や観光地でもあります。
また、山間地は、大山山麓一帯の「黒ぼく」と呼ばれる豊かな土壌があり、肥沃な大地を利用した農業地帯です。
町の北西部は商業施設や住宅が多く、ベッドタウンとして人口が集中しています。

伯耆町とは?
人口 10,958人(平成31年2月1日現在)
面積 139.45平方キロメートル
立地

山暮らし

まち暮らし
伯耆町の支援制度
空き家バンク

なし

移住定住支援

若者定住促進制度

分譲地「清水の里団地」の購入価格を40歳未満の方は40%、40歳以上50歳未満の方は25%割引。

伯耆町の子育て
子育て支援情報

【保育所:6ヶ所、小学校:4校、中学校:2校】

 

出産祝金
こども1人あたり、3万円支給。

 

乳児(0歳児)家庭保育支援手当
①育児休業給付金受給中の場合→基準額の2/3から1/2となった月から、差額分(1/6)を支給(児童月齢満9月~12月)
②育児休業給付金を受給していない場合→定額33,000円を児童の月齢満4月~12月まで支給 ※ただし、保育施設等に児童を預けた場合は支給しない。

 

チャイルドシート購入助成
チャイルドシート購入費の1/2を助成(上限1万円)

 

小規模保育所 こどもパル
0~2歳児までの低年齢児を対象に定員19人という少人数制の特性を活かしたきめ細かな保育を実施。(平成29年4月1日開設)

 

子育て支援センター
溝口保育所内からパルプラスオン(岸本保健福祉センター)へ移転。子育て親子の交流や育児相談のほか、芝生のパルひろばでの遊びや、こどもパルとの交流など、地域の子育て支援の拠点として充実を図ります。(平成30年4月移転オープン)

 

保育料の軽減
伯耆町独自の軽減として、第2子の児童の保育料が軽減されます。また、兄弟3人以上同時入所された場合、要保護世帯(ひとり親、障がい者世帯)の場合、年収360万円未満相当世帯の場合は、保育料が軽減される制度があります。
※平成31年10月以降、幼児教育・保育無償化により変更になる場合があります。

●兄弟3人同時入所の場合
 第1子、第2子、第3子が同時入所の場合
  第1子:1/3、第2子:1/3、第3子:無料
 第2子、第3子、第4子が同時入所の場合
  第2子:1/3、第3子:無料、第4子:無料
●年収360万円未満相当世帯
 第1子と同時入所の第2子は無料
●それ以外
第1子:軽減なし、第2子:1/3、第3子以降:無料

 

特別医療費助成(小児)
18歳までの者の医療費を助成。

 

インフルエンザ予防接種費用助成
65歳未満の町民にも費用の一部を助成。
13歳未満…1,000円×2回 65歳未満…1,000円×1回

伯耆町の医療
医療機関 7院
伯耆町のお試し住宅
お試し住宅 →吉長お試し住宅
伯耆町 地域おこし協力隊員 募集情報

現在募集なし

伯耆町の相談窓口
担当課

伯耆町 企画課 町づくり推進室
〒689-4133 西伯郡伯耆町吉長37-3

担当者

一橋

TEL 0859-68-3113
FAX 0859-68-3866
メール

kikaku3@town.hoki.lg.jp

WEBサイト →伯耆町HP