歴史とともに歩む とっとり「老舗」企業

明日の菓子卸売業界を切り拓く創造企業 えびす本郷株式会社〈鳥取市〉


創業150周年を迎える菓子卸売りの老舗企業

えびす本郷株式会社は1865年(慶応元年)に創業し、来年で150周年を迎えます。創業当初は饅頭の製造販売を行っていましたが、戦後は菓子卸売業へと移行しました。以来、販路拡大のチャンスを確実につかみ、営業エリアを広げていきました。
1988年(昭和63)には、PB(自社企画)商品の提案力を高めるため、全国の菓子卸13社からなるNSグループの設立メンバーとなり、100円均一のお菓子商品などを共同開発して大ヒットさせました。

さらに、1998年(平成10)には組織変更を行い「えびす本郷株式会社」の社名で新たにスタート。現在は、お菓子・アイスクリーム・缶飲料を中心に約3500アイテムもの食品を取り扱い、山陰を中心にスーパーマーケット、コンビニエンスストア、ドラッグストアなどに商品を卸し、それぞれの販売ニーズに合った企画提案も行っています。


食べることが好きな人にぴったりの仕事

長年培ってきたノウハウは社内研修などで社員に指導されるので、新入社員でも商品開発力をしっかりと養うことができます。
「食品を扱う企業なので、食べることが大好きで素直な人がいいですね」と求める人材について語る渡邉社長。


卸先に“売れる売り場づくり”をトータルに提案できる企業としてさらに成長するため、同社では2年前から新しい人材教育システムも導入し、社員教育にいっそう力を入れています。
 その一環として、豊かな創造力を養うため、幹部候補生は毎月課題本を1冊読み感想文を渡邉社長に提出しています。感想文すべてに渡邉社長からのコメントが寄せられ、社員のモチベーションの向上にもつながっています。

山陰の美味しいものを全国に広めたい

同社は今後、牛乳を中心とする宅配事業、自動販売機事業を拡大させる計画です。さらに、山陰の店舗や各地域で作られている美味しい商品、めずらしい食材を掘り起こし、全国にPRする事業に取り組んでいく計画も進んでいます。その先駆けとして、山陰のお茶や地酒などを販売するサイト「縁結び通販」を開設。好評を得ています。
「あまり知られていない山陰の美味しいものを探し出し、全国に広く発信したい」と渡邉社長の夢は大きく広がっています。
新しい時代のニーズに応えるため、菓子卸売業として新たな挑戦を続ける、えびす本郷株式会社で一緒に働いてみませんか。


企業見学について

同法人への『企業見学』の希望は、ふるさと鳥取県定住機構へお問い合わせください。

IJUターン者採用について

採用情報については、随時HPに掲載いたします。また、ふるさと鳥取県定住機構でもお問い合せを受付けます。


IJUターン希望者へのメッセージ

えびす本郷株式会社
代表取締役社長

渡邉 健次さん

鳥取市生まれ。関西の大学を卒業後、3年間働いてUターン。食べ歩きが好きで、たまにグルメ本等で紹介された店巡りを楽しむ。また、食事にあった日本酒、ワイン、焼酎なども大好き。美術絵画、書、焼物などの鑑賞も愛好。毎朝1時間のウォーキングで体力づくりにも励む。

※メッセージは下のリンクから動画でご覧ください。

メッセージ動画へ

先輩からのメッセージ

冷菓部

平成24年入社

湊口 万葉さん

美大を卒業後、Uターンしました。売り場ディスプレイ、商品ポップ、新聞広告などのデザインを担当しています。会社は和気あいあいとした雰囲気で、のびのびと仕事をさせてもらっています。今後はWebデザインにも挑戦してみたいです。


アドレス

えびす本郷株式会社

鳥取県鳥取市商栄町203-24
電話番号 0857-37-1502
FAX番号 0857-27-6555
WEBサイト http://www.ebisuhongo.jp


ページのトップへ