歴史とともに歩む とっとり「老舗」企業

鳥取県中部の土木・建築業界を引率してきた老舗企業株式会社 井木組〈琴浦町〉


100年以上続く建設業界の老舗企業

株式会社井木組は1912年(大正元年)に創業し、2年前に100周年を迎えました。同社は創業以来、時代に先駆けた新しい技術や機械を取り入れることで次々と事業を拡大し、鳥取県中部を中心に土木・建築業界で実績を積み重ねてきました。  
 同社は公共事業を多々手がけており、倉吉市の有名な複合施設「倉吉パークスクエア」を施工、近年は山陰自動車道・東伯中山道路工事も行いました。また、自社が所有する工事船舶を用いた港湾工事を得意とし、泊漁港整備工事、赤碕港、境港などの改修工事を行っています。  

さらに、ここ十年来は不動産・住宅・リフォームなど多岐にわたる事業を展開し、営業範囲を鳥取県全域へと広げています。


人材を育てることが企業発展につながる!

現在、約120名の社員が自分の能力を発揮しながら働いている同社では、土木・建築技術者、住宅部門の営業職を募集中です。さらに最近躍進している住宅のリフォーム事業では、女性目線の増改築の企画提案を行うため、女性社員の採用を増やしているそうです。


正社員として入社後は各種研修が用意されており、土木・建築施工管理技士・コンクリート診断士などの資格取得も社内勉強会でサポートしています。
「明るく、元気な方をお待ちしています」と語る四代目の井木社長は、40代という建築業界の若き精鋭。有能な人材を採用し、育てていくことが企業発展につながると考え、人材発掘には積極的に取り組んでおられます。


地球のため、地域のため発電事業をスタート

これまで会社を存続できたのは地域のおかげに他ならないと、同社では感謝を込めて、琴浦町赤碕海岸の清掃など、ボランティア活動を積極的に行っています。社員による地域との交流イベントも企画され、住宅展示場などで「井木組感謝祭」を主催するなど地域とのふれあいを深めています。
 昨年は、地球温暖化防止に役立つとされる太陽光発電事業にも進出。東郷湖の湖畔にある約5千坪の自社土地にソーラーパネルを設置し、発電した電気を中国電力に売電しています。
「今後は各事業をさらに押し進め、営業エリアを拡大します」と次なる事業展開を計画する井木社長。建設物は完成すると大きな喜びや達成感があります。株式会社井木組で地図に残るような大きな仕事に携わってみませんか。


企業見学について

同法人への『企業見学』の希望は、ふるさと鳥取県定住機構へお問い合わせください。

IJUターン者採用について

採用情報については、随時HPに掲載いたします。また、ふるさと鳥取県定住機構でもお問い合せを受付けます。


IJUターン希望者へのメッセージ

株式会社 井木組
代表取締役社長

井木 敏晴さん

琴浦町生まれ。東京の大学を卒業後、大手ゼネコンに入社。平成11年にUターン。毎週、県内各地で経営者モーニングセミナーを主催する「鳥取県倫理法人会」会長。自身も毎朝4時半に起床し、通常は午前7時に出社する。趣味は読書、ゴルフ。

※メッセージは下のリンクから動画でご覧ください。

メッセージ動画へ

先輩からのメッセージ

土木第一工事部

平成22年入社

田栗 広樹さん

大学院でコンクリートの研究をしていたので、建設業の仕事を希望しました。工事の施工管理を担当し、今は大山の現場に通っています。当社の先輩は指導が上手です。期待に応えて早く一人でも現場管理ができるようになりたいと思っています。


アドレス

株式会社 井木組

鳥取県東伯郡琴浦町大字赤碕2000番地1
電話番号 0858-55-0811
FAX番号 0858-55-7070
WEBサイト http://www.igigumi.jp


ページのトップへ