県内の雇用を支える とっとり「製造」企業

高品質な農業向け小型運搬機を開発する老舗企業 有限会社 河島農具製作所〈米子市〉


高品質な農作業用小型運搬機を開発

有限会社河島農具製作所は大正7年に創業。野菜や果樹などを運ぶ小型運搬機の開発・製作を行う老舗企業です。  
農作業用の小型運搬機を専門に製作する会社は全国的に少なく、同社はその貴重な1社です。主に大手メーカーの正規ブランド製品の設計・開発を受託し、自社で一貫製作するという独自の販売体制を構築しています。

同社が開発した製品は耐久性に優れ、品質も高いことから、全国はもとより海外にも広く輸出され、フランス・シャンパーニュ地方では同社の小型運搬車が「頑丈で壊れにくい」と評判になり、多くの葡萄園で導入されています。
また、果樹園用の高所作業機など同社でしか製作できない特殊な機種を開発するなど、技術力の向上に挑戦しつづけています。一方、鳥取県が全国有数の芝産地であることから、自社ブランドとして乗用芝清掃機(乗用芝スイーパー)を開発・製作。県内を中心に販売し、高品質な鳥取県産芝の生産を同社の技術力が支えています。


熟練した技術の継承者を募集!

今年で創業96周年を迎える同社には、多数の熟練した技術者が働き、長年培ったノウハウを蓄えています。その技術やノウハウを次世代へと継承するため、技能職の社員募集が積極的に行われています。

「ヒット製品を誕生させる人は、細かいことにもよく気付く人ですので、様々なことに好奇心を持って探究していく人材を求めています」と語る河島副社長。  
また、営業職も募集中です。営業は、大手メーカーや農協と共催する販売キャンペーンなどを計画します。さらに、メーカー担当者と一緒に現場の生の声を拾い上げ、製品開発に役立つ情報収集を行います。

完成した新社屋から製品を全国へ!

昨年末、JR米子駅に隣接して同社の新社屋が竣工しました。JRの線路沿いには新しい倉庫も完備しています。 「米子駅のプラットホームから倉庫が見えるんですよ。乗客の方々に当社の製品を見ていただきたくて、ショールームのように明るい倉庫にしました」と笑顔の河島副社長。  
今後は全国の地域ごとに細かく市場調査し、風土や気候、農作業により合った運搬機を開発していく計画です。また、「東日本で本格的な復興に励む農家の方のために役立つ小型運搬機を開発したい」と、河島副社長は意欲を燃やしておられます。  
世界の農業に欠かせない製品を創造する有限会社河島農具製作所で一緒に頑張りませんか。


企業見学について

同法人への『企業見学』の希望は、ふるさと鳥取県定住機構へお問い合わせください。

IJUターン者採用について

採用情報については、随時HPに掲載いたします。また、ふるさと鳥取県定住機構でもお問い合せを受付けます。


IJUターン希望者へのメッセージ

有限会社 河島農具製作所
代表取締役副社長

河島 登さん

東京生まれ、大阪育ち。農業に興味があったことからヤンマーで勤務した後、平成8年に米子市出身の奥様とともにIターン。趣味はスキー。休日には剣道を練習する子どもの送り迎えをするマイホームパパ。 好きな言葉は「誠実」

※メッセージは下のリンクから動画でご覧ください。

メッセージ動画へ

先輩からのメッセージ

開発部

平成20年入社

松本 知明さん

大阪で働いていましたが、島根県出身だったので帰省し、通勤圏である同社に入社しました。お客様の声を反映して設計し、改良を加えて製品がどんどん良くなっていく過程にやりがいを感じます。全国の農家の方々のお役に立てる製品を開発していきたいと思います。


アドレス

有限会社 河島農具製作所

鳥取県米子市道笑町2丁目61番地
電話番号 0859-22-9341
FAX番号 0859-34-7616
WEBサイト http://kawashima-group.com


ページのトップへ