県内の雇用を支える とっとり「製造」企業

高い技術力を誇る鍛造製品のメーカー株式会社 明治製作所〈倉吉市〉


技術力と開発力に注目!国内屈指の鍛造製品メーカー

明治製作所は、自動車などに欠かせない鍛造部品を製造するメーカーです。国内の大手自動車メーカー各社と取引があり、社員300名規模の鍛造工場の中では、全国トップクラスの売上高を誇っています。

鍛造業界では騒音が最大の悩みですが、同社は昭和47年に国内初の防音密閉工場を建設。早くから環境対策に取り組み、防音対策の全国モデルとなりました。  
製法は金型によるプレス鍛造とハンマー鍛造との両方を手がけ、注文に応じた柔軟な対応を可能にしています。特に技術的に難しく、量産が困難だった鍛造製品への深穴開けを同社が独自の工法を開発して可能にし、その技術力と開発力は業界から高く評価されています。

全社員の資格取得と社員教育に注力

同社では現在、技術職・管理職を募集中です。「資格の取得を奨励し、社内教育に力を注いでいます。ぜひ当社で自らのやりがいを見つけ出してください」と語る大槻総務部長。
“品質はまず人の質なり”をモットーに、同社では入社5年目までに技能士1級・2級の資格取得を積極的に進め、「全社員技能士」を達成しています。

また、社員教育では、「保全伝達道場」「品質道場」「保全技術道場」「電脳道場」という独自の教育システムを設けています。各道場では場面や職種に合わせた各種トレーニングが行われています。中でも「保全伝達道場」には、鳥取大学との共同研究によって開発した、オリジナルの鍛造シミュレーターが導入され、ハンマーの操作やメンテナンスの基本作業を実践さながらに、かつ安全にトレーニングすることができます。  
こうした手厚い取り組みや安全対策により、社員全員が安心して働くことができ、士気の向上にもつながっています。

 


新工場を稼働してさらに雇用を促進!

同社は平成21年、タイに合併会社「タイ・サミット・メイジ・フォージング」を設立し、タイ国内の日系自動車メーカーへ部品供給を始めました。
「今後は海外工場の拡大を目指していきます。鍛造部品に切削や研磨の機械加工を加え、当社ならではの付加価値の高い製品作りに挑戦していきたい」と熱く語る大槻総務部長。  
今年10月、新プレス機を設置する新工場の稼働に伴い、雇用を増加するなど、ますます躍進が期待される株式会社明治製作所。高品質な鍛造部品で自動車産業を支える、技能士集団の一員として働いてみませんか。


企業見学について

同法人への『企業見学』の希望は、ふるさと鳥取県定住機構へお問い合わせください。

IJUターン者採用について

採用情報については、随時HPに掲載いたします。また、ふるさと鳥取県定住機構でもお問い合せを受付けます。


IJUターン希望者へのメッセージ

 株式会社 明治製作所
取締役総務部長

大槻 兼市さん

兵庫県出身。大学卒業後、エンジニアとして神奈川県のIT企業へ。米国カルフォルニア州シリコンバレーなどの勤務を経て、奥様が倉吉市出身だったことから平成23年にIターン。趣味はインターネットと読書。好きな作家は塩野七生


先輩からのメッセージ

技術開発部
技術課商品開発係

平成21年入社

日野 浩和さん

静岡県で働いていましたが結婚でIターンしました。以前見学した時、いい会社だなと思っていた明治製作所に入社できて良かったです。仕事はお客様のオーダーに応じた部品の金型を設計しています。航空宇宙の分野を手がけるのが今の夢です。


アドレス

株式会社 明治製作所

鳥取県倉吉市駄経寺町390番地
電話番号 0858-22-3131
FAX番号 0858-22-8918
WEBサイト http://www.meiji-df.co.jp


ページのトップへ