高齢化で注目とっとり「医療・福祉」企業

充実したサービス体制で地域福祉をリード 社会福祉法人 敬仁会〈倉吉市〉


鳥取県と東京に事業拡大中です

社会福祉法人・敬仁会は昭和33年(1958)の設立から、山陰地方の福祉や介護事業の進展をリードしてきました。
昭和58年(1983)に鳥取県下で第一号の民間による特別養護老人ホームを開設後、平成19年(2007)には、東京に介護老人福祉施設を開設し、現在は保育所を含む12施設(県下10、東京2)を運営するなど事業拡大を続けています。施設が県内と東京に点在する同法人では、テレビ会議を導入して県外施設への出張の無駄を省くなど、業務の効率化が図られています。

また、創業当初より社会医療法人・仁厚会(じんこうかい)と共に医療と福祉が一体となった介護に力を注ぎ、利用者や家族から、より信頼していただける施設を目指し、その一環として、利用者の満足度向上を目的に平成15年(2003)、ISO9001認証※を取得。以後、現在まで品質の高い支援を維持し続けています。

※ISO9001/品質マネジメントシステムに関わる国際規格


充実した研修制度で自分を磨こう!

敬仁会では職種別研修や職員研究発表会を開催し、職員のレベルアップに努めています。また、感染症の予防など介護だけにとどまらない特別研修も多く、より深い専門知識の向上が図られるなど、充実した研修制度で多くの職員が介護福祉士やケアマネージャーの資格を取得し、スキルを磨いています。

これからは利用者に合わせたサービスの個別化を目指します

レクリエーション活動では年1回の職員旅行を欠かさず実施し、職員が交流を深める場の一つとなっています。また、利用者はもちろん、地域にお住まいの方も参加するイベント「ふれあいはあとまつり」を開催。今年で30回目を数え、地域の皆様と交流を深める大切なイベントとして好評を得ています。
「専門職として自分の力を発揮し、輝いてほしいと思います。日々の仕事の中で喜びを見つけ、自分自身を磨き続けられるような方と出会いたいですね」  そう語る福田施設長。採用試験の面接での出会いをいつも大切にしているそうです。  今、同法人では主に介護職を募集中です。


「団塊の世代が高齢化を迎え、高齢者の方々の利用増加が予想されることから、これから益々サービスの多様化、質の向上が重要になってきます。利用者一人ひとりに合わせた個別のサービスを提供するため、職員の対応力をさらにアップさせていきたい」と将来を見据える福田施設長。利用者の方々の笑顔や頼りになる先輩たちと一緒に、やりがいを感じる仕事をしませんか。


企業見学について

同法人への『企業見学』の希望は、ふるさと鳥取県定住機構へお問い合わせください。

IJUターン者採用について

採用情報については、随時HPに掲載いたします。また、ふるさと鳥取県定住機構でもお問い合せを受付けます。


IJUターン希望者へのメッセージ

社会福祉法人 敬仁会
介護老人保健施設
「ル・サンテリオン東郷」施設長

福田 壮吾さん

倉吉市生まれ。敬仁会理事、社会福祉士、介護支援専門員。昭和58年に東京からUターンし、同法人に入職。日本犬のルーツを受け継ぐ山陰柴犬の愛犬「マル」と一緒に、毎日朝夕1時間ほどの散歩を10年以上欠かさず続けている。

※メッセージは下のリンクから動画でご覧ください。

メッセージ動画へ

先輩からのメッセージ

平成18年入職

北野 正樹さん

兵庫県の専門大学を卒業後、Uターンしました。中学生のときに介護のボランティア活動をして、福祉の仕事に就こうと決めました。仕事は在宅介護を中心としています。利用者の人生に関わる仕事なので常に利用者を敬重しながら業務に従事しています。


アドレス

社会福祉法人 敬仁会

鳥取県倉吉市山根55番地
電話番号 0858-26-3864
FAX番号 0858-26-3876
WEBサイト http://www.keijin.jp


ページのトップへ