専門分野で独自の道を切り拓く とっとり「情報・通信サービス」企業

ケーブルテレビを通じて地域情報を発信株式会社 中海テレビ放送〈米子市〉


全国でもトップクラスの 加入率を誇る ケーブルテレビ局

株式会社中海テレビ放送は、ケーブルテレビ局として平成元年(1989)に開局。鳥取県西部の米子市や大山町など、2市4町1村をエリアにテレビ放送をはじめ、インターネット通信やケーブル電話のサービスを提供しています。

現在、エリア圏で同社に接続している世帯数は10万件中の約5万件、加入率は50%以上に達し、全国に約300局あるケーブルテレビ局の中でもトップクラスの実績を誇っています。一般のCS・BS放送番組が充実しているのはもちろんのこと、地域・住民と協働による番組づくりに取り組み、地域の身近な話題を取り上げる自社制作番組の人気が高いことが加入率アップにつながっています


地域が好きで、人と話すことも大好き。そんな人、集まれ!

同社では新卒者の採用に加え、経験者の中途採用にも積極的です。人材教育はマナー研修、管理職研修など数々の研修が実施され、技術職には各種資格の取得をサポートする資格推奨制度も導入されるなど充実しています。  


「自分からどんどん町に出かけて住民の方々と親しくなれる人、地域コミュニティを育成できる人を募集しています」と語る加藤常務。
現在、社員スタッフは66名。レクリエーションも活発で、野球・フットサル・バトミントンといったスポーツで汗を流したり、有志によるアニメソング同好会なども活動するなど、個々の社員が楽しく仕事が出来る環境が整っています。


環境エネルギー事業や観光の活性化で 地域を元気にします。

同社は、10年前に、中海の歴史などを紹介する番組を放送したことがきっかけになり、かつて豊かな漁獲量を誇った昔の中海の姿を取り戻すNPO法人「中海再生プロジェクト」を発足しました。
「多くの市民の皆様に中海の清掃活動にご参加いただき、今では水泳大会も開催できるようになりました。地域の環境を守る活動には今後も力を注いでいきます」と意欲を燃やす加藤常務。 さらに、昨年から、環境エネルギー事業として、加入者が太陽光を活用するソーラーパネルを設置する際に、同社が加入者に対して補助金を助成する制度が新しくスタートするなど、新たな環境活動にも取り組んでいます。 

また、韓国ソウルのケーブルテレビ局と連携した共同制作番組を今年の夏に放送する予定などもあり、今後は観光面の活性化を目的とした事業も展開していきます。
中海テレビ放送と一緒に、情報サービスを通して地域活性化のために頑張りませんか。


IJUターン者採用について

採用情報については、ふるさと鳥取県定住機構でお問い合わせの受付を行います。


IJUターン希望者へのメッセージ

常務取締役

加藤 典裕さん

鳥取県米子市生まれ。同社の設立時にUターンして入社。休日には地元のプロサッカーチーム「ガイナーレ」の応援と、少年野球のコーチを務める。自他共に認める文房具好き。恩師の形見となった万年筆を今でも大切に愛用している。

※メッセージは下のリンクから動画でご覧ください。

メッセージ動画へ

先輩からのメッセージ

編成部

平成24年入社

谷 朋枝さん

大学で地域学を学び、中海テレビ放送の地域に寄り添った仕事や他とは違う環境活動に感心して入社を決めました。編成の勉強に努め、地域の歴史や生活を映像に残す仕事をしてみたいと思っています。地域のために一緒に働きませんか。


アドレス

株式会社中海テレビ放送

鳥取県米子市河崎610
電話番号 0859-29-2211
FAX番号 0859-29-7911
WEBサイト http://www.chukai.ne.jp


ページのトップへ