新年度飛躍が期待できる とっとり「躍進」企業

自動車部品のリサイクルを通じて循環型社会の推進に貢献 株式会社 テクニカルクリーン〈米子市〉


山陰ナンバー1の 適正解体処理実績で 県知事表彰を受賞

株式会社テクニカルクリーンは、自動車の販売店や整備工場を顧客に、廃車になった自動車を買い取り、解体処理をして回収した部品のリサイクル商品を販売しています。 平成5年(1993)に設立以降は、廃車費用を削減したいという顧客のニーズをとらえ、県内の業界内でいち早く廃車に関わる法的な費用を無料にするサービスを開始して業績を順調に伸ばしてきました。  

「オーバーホール技術※を磨いて回収した自動車部品の価値を高め、優良なリサイクル商品を販売することで利益率を上げ、この利益によって他社に先駆けた無料廃車サービスを実現できたのです」と語る船越専務。
平成16年度(2004)には年間15000台もの処理を行い、長年にわたって廃車を適正に解体処理して環境型社会の推進に貢献したことから、県知事表彰を受けました。


充実した人材育成制度で団結力のある チームワークづくり!

同社では、解体作業をして中古部品を商品にする生産部、廃車や中古車輌の仕入れをする営業部で社員を募集中です。

 「クルマが好きな人で、前向きに行動できる人がいいですね」と語る船越専務。新入社員研修では自動車リサイクルの法規程の理解や環境教育にも力が注がれ、全従業員が地球環境の保全に対する高い意識を持って働いています。
人材育成では、先輩社員が新人社員をマンツーマンでフォローするブラザーシスター制が導入され、先輩も新人も共に成長して効果を上げています。また、新入時だけでなく長期間にわたって先輩社員が面倒をみるので、社内のチームワークも深まり団結力が高まっているそうです。


新品同様の商品で 目指すCO2排出の削減

新品とかわらない性能を誇る同社の商品は、日本自動車リサイクル部品販売団体協議会のネットワークを通じて全国に販売され、海外15カ国にも輸出されています。  


「当社商品の販売は、新しい部品を製造するよりCO2排出の削減に役立つとともに、廃棄物の減少にもつながっています。新品同様の性能でありながらかなり安価で提供できることから、今後は自動車ディーラーや板金整備工場だけでなく、一般の個人ユーザーにも認知を広めていきたいと考えています」と自信を持って語る船越専務。テクニカルクリーンと一緒に大切な地球の資源を守る仕事で社会に貢献しませんか。

※オーバーホール技術:機械製品を部品単位まで分解して清掃再組立を行い、新品時の性能状態に戻す技術


IJUターン者採用について

採用情報については、ふるさと鳥取県定住機構でお問い合わせの受付を行います。


IJUターン希望者へのメッセージ

専務取締役

船越 功一さん

福岡市生まれ。5歳から米子市で育つ。東京の大学卒業後、Uターン。趣味は読書。岩田規久男の著書を愛読。「未完成の完成、完成の未完成」を信条に、挑戦し続けることがゴールと定めて無限の挑戦を続けている。

※メッセージは下のリンクから動画でご覧ください。

メッセージ動画へ

先輩からのメッセージ

生産部生産管理課

平成21年入社

福井 廣章さん

車が大好きだったので車の隅々にまで関わることができる同社へ転職して入社しました。仕入れた車の部品を点検していますが、色々な車種を隅々まで見られるのが魅力です。新卒や女性社員も多くて若々しい会社です。環境を守るために一緒に働きましょう。


アドレス

株式会社 テクニカルクリーン

鳥取県米子市石州府732-92
電話番号 0859-27-5388
FAX番号 0859-39-3691
WEBサイト http://www.technicalclean.com


ページのトップへ