ふるさと鳥取県定住機構
ふるさと鳥取県定住機構

10月6日(水) 晴 曲ワッパの製作体験と牛臥山(公園)散策

戻る

朝、「曲ワッパの枠の準備ができたので、いつでもこられていいですよ」との電話があったので、すぐに出かける。


作業所のストーブに置かれた容器の熱湯の中で、4mm厚さの杉板が柔らかく煮られていた。その板を型に巻きつける作業を見せてくださる。


次いで、主人も巻きつけてみる。


最初の1本は途中で折れたが、2本目はうまく巻きつけられた。


この枠を固定して3日置いて乾燥し、ボンドで接着し枷(かせ)で挟み1週間乾燥させるそうだ、その後、底板を嵌め接着固定し磨きを掛けてしあげる。


日数がかかるので、体験では、最後のペーパー仕上げだけを行い、持ち帰った。


私は風邪を引いたようで、体がだるいので午後は家に戻り静養した。


午後は主人だけで、行動してもらった。

枠を曲げて固定(写真左)、ボンド接着後で枷(かせ)で固定(右)

家内を芦津の家まで送り、午後3時頃、町まで戻り、智頭小学校横の道から、車で牛臥山(うしぶせやま)(公園)へ向かう。

登り始めると、杉並木の狭い道だが、木洩れ日が道を縞模様に映し出している。車をゆっくりと走らせ、光りと影の移ろいを楽しみながら20分ほどで、展望所に到着。

眼下には智頭町の中心部が手に取るように一望できる。私以外全く誰もいない、周りの自然全部を独り占め。ただ、風車(発電用)の廻る音が煩わしい。

でも、近くで、メジロの鳴き声、時にはカケスも飛び交い、鹿にも出会うなど山の中にいる雰囲気をのんびり味わった。

山頂までは歩いて1時間ほどと聞いていたので、今日はここで引き返した。

また来たい。今度は山頂まで!!

智頭町 田舎暮らし徒然日記カレンダー

プロフィール
9月26日(日)晴時々曇 広島から智頭町へ 9月27日(月) 晴れのち雨  森林セラピー体験 9月28日(火)晴夕方から雨  杉玉作り体験
9月29日(水) 晴後曇 雑誌「田舎暮らしの本」の取材班来訪 9月30日(木) 雨後曇 藍のタタキ染め体験 10月1日(金)晴 光専寺襖絵拝観と新田地区散策
10月2日(土)晴後曇 芦津地区祭り準備に参加 10月3日(日)曇後雨 植林ボランティア活動 10月4日(月)雨のち晴 極楽寺写経体験と那岐地区散策
10月5日(火)曇時々雨後晴 智頭宿の散策 10月6日(水) 晴 曲ワッパの製作体験と牛臥山(公園)散策 10月7日(木)晴 波多(はた)地区・花祥庵訪問
10月8日(金)曇後雨 板井原集落の散策 10月9日(土)雨後曇 「いろりの家」の後片付けと能面師訪問 【番外編】10月10日(日)雨後曇時々雨  芦津神社秋祭り見物
あとがき~田舎暮らし体験を終えて~

Twitter

  • facebook
  • LINE@
ふるさと鳥取県定住機構

〒680-0846 鳥取市扇町7鳥取フコク生命駅前ビル1階
TEL0857-24-4740 FAX0857-24-4736

ふるさと鳥取県定住機構TOPへ