ふるさと鳥取県定住機構
ふるさと鳥取県定住機構

10月3日(日)曇後雨 植林ボランティア活動

戻る

低気圧がくるので朝から雲行きの怪しいお天気。植林が終わるまで降らねば良いがと思いながら、8時40分集合場所に到着。「いろりの家」がある芦津地区は、この地にある国有林と同じくらいの広さの芦津地区所有の財産林がある。今日はその財産林に杉を植えるのである。植林をする場所で今日のため3年前から杉の苗を育ててこられた御夫婦の紹介と指導員の紹介がある。


本日の植林場所(左)、指導員の皆さん(中)、杉苗の束(右)

今日の参加者は総勢70名超で芦津地区の方、鳥取環境大学と鳥取大学の学生さん、そして私達のような一般参加者である。

各班に分かれ、1人20本の苗を植える。先ず、指導員から植え方の説明があり、作業開始。時々指導員の方から、根を山側へ向ける事、土は木の根など除き、なるべく大事に掛けてやることなど注意を受けながら、杉苗を植えること1時間半で作業を終える。

植林がほぼ終わった頃に雨が降り始めたので助かった。

自分が植えた苗には、自分の名前札を下げて「マイ杉」となる。出来ることならその成長振りを見に来たいものである。

作業終了後、偶然に話しかけた方が「いろりの家」改修時の設計士さんだった。

植え終えたマイ杉(左)、杉を育苗した御夫妻(中)、設計士さん(右)

午後、管理人の寺谷さんが、朝の植林に取材をしに来られたNHK鳥取支局の記者さんを「いろりの家」へ案内して来られる。早速、家の中を案内し、寺谷さんが素早くいろりの火をおこして下さった。いろりのそばで、この家の暮らしぶりや、この一週間の智頭町での体験を話して、是非この「いろりの家」を取材に取り入れて宣伝して下さるよう頼む。

智頭町 田舎暮らし徒然日記カレンダー

プロフィール
9月26日(日)晴時々曇 広島から智頭町へ 9月27日(月) 晴れのち雨  森林セラピー体験 9月28日(火)晴夕方から雨  杉玉作り体験
9月29日(水) 晴後曇 雑誌「田舎暮らしの本」の取材班来訪 9月30日(木) 雨後曇 藍のタタキ染め体験 10月1日(金)晴 光専寺襖絵拝観と新田地区散策
10月2日(土)晴後曇 芦津地区祭り準備に参加 10月3日(日)曇後雨 植林ボランティア活動 10月4日(月)雨のち晴 極楽寺写経体験と那岐地区散策
10月5日(火)曇時々雨後晴 智頭宿の散策 10月6日(水) 晴 曲ワッパの製作体験と牛臥山(公園)散策 10月7日(木)晴 波多(はた)地区・花祥庵訪問
10月8日(金)曇後雨 板井原集落の散策 10月9日(土)雨後曇 「いろりの家」の後片付けと能面師訪問 【番外編】10月10日(日)雨後曇時々雨  芦津神社秋祭り見物
あとがき~田舎暮らし体験を終えて~

Twitter

  • facebook
  • LINE@
ふるさと鳥取県定住機構

〒680-0846 鳥取市扇町7鳥取フコク生命駅前ビル1階
TEL0857-24-4740 FAX0857-24-4736

ふるさと鳥取県定住機構TOPへ