ふるさと鳥取県定住機構
ふるさと鳥取県定住機構

10月2日(土)晴後曇 芦津地区祭り準備に参加

戻る

今日も良い天気。

午前中は10月10日(日)の芦津神社の秋祭りの準備「花巻き」作りに参加する。


今年の当番に当る12戸の家から人が出て、男性は長い竹ひご作り、女性はそれに短冊状に切った色紙を巻いてゆく作業をする。

2m位の長さの竹ひごを細く均一に削っていくのが大変難しく、素手で作業した主人の指先が擦り傷だらけになる。


わたしの方は短冊の色紙に5mm位の切込みを入れたものを五色、竹ひごに巻いてゆく作業をやる。


最初は難しいが、慣れてくると早く巻けるようになった。

4時間半掛けて、200本の「花巻き」を作る。単純だが辛抱のいる作業である。


手作りのちらし寿司を皆さんと一緒にいただき辞する。


帰り際に、春に釣って冷凍しておいたイワナをお土産にいただく。

帰宅すると、管理人の寺谷さんが、家の畑へ里芋を掘りに行きましょうと誘ってくださる。

先ず、大きく広がった葉を根元で切り取り、スコップで掘ると芋が鈴なりの根が出てくる。その大小の芋を取り分ける。

3株掘っただけで10Kg位の芋を収穫する。

さて、これからが、里芋堀りの一番の目的、用水路での芋洗いを見せてくださる。

手作りの木製の芋洗い機が水車の原理でクルクル廻る。ものの10分も回すと、中に入れた里芋の皮がきれいにむける。なんともよく出来た道具である。

完成した「花巻き」

里芋掘り体験&水車式芋洗い機


智頭町 田舎暮らし徒然日記カレンダー

プロフィール
9月26日(日)晴時々曇 広島から智頭町へ 9月27日(月) 晴れのち雨  森林セラピー体験 9月28日(火)晴夕方から雨  杉玉作り体験
9月29日(水) 晴後曇 雑誌「田舎暮らしの本」の取材班来訪 9月30日(木) 雨後曇 藍のタタキ染め体験 10月1日(金)晴 光専寺襖絵拝観と新田地区散策
10月2日(土)晴後曇 芦津地区祭り準備に参加 10月3日(日)曇後雨 植林ボランティア活動 10月4日(月)雨のち晴 極楽寺写経体験と那岐地区散策
10月5日(火)曇時々雨後晴 智頭宿の散策 10月6日(水) 晴 曲ワッパの製作体験と牛臥山(公園)散策 10月7日(木)晴 波多(はた)地区・花祥庵訪問
10月8日(金)曇後雨 板井原集落の散策 10月9日(土)雨後曇 「いろりの家」の後片付けと能面師訪問 【番外編】10月10日(日)雨後曇時々雨  芦津神社秋祭り見物
あとがき~田舎暮らし体験を終えて~

Twitter

  • facebook
  • LINE@
ふるさと鳥取県定住機構

〒680-0846 鳥取市扇町7鳥取フコク生命駅前ビル1階
TEL0857-24-4740 FAX0857-24-4736

ふるさと鳥取県定住機構TOPへ