ふるさと鳥取県定住機構
ふるさと鳥取県定住機構

9月26日(日)晴時々曇  広島から智頭町へ

戻る


広島市内の我が家を車で出発、中国自動車道を走ること3時間半、那岐山を抜けると杉の山々に囲まれた智頭の町並みが見えてきた。

黒っぽい屋根瓦の家が多く、赤茶色の屋根瓦ばかりの広島の田舎と少し違うなというのが第一印象。

田舎暮らし体験担当の智頭町役場の田中さんと鳥取県庁の方と面談、早速芦津地区にある「いろりの家」へ向かう。

9月26日(日)から10月10日(日)まで、この「いろりの家」で過ごすのだ。



玄関を入るとすぐにいろりのある居間、たたみ敷きの部屋二つ、食堂兼台所、それに風呂場とトイレが一階の間取り、二階は和室が三つ。

いろりのある部屋は黒光りする太い梁、高い天井、京都美山町の茅葺集落で見た民家とよく似ている。

「いろりの家」の管理人ですぐ近くに住む寺谷さんが早速いろりに火を燃やして下さる。杉の葉と細い枝を燃やし、次いでもう少し太く割った枝を入れいろりの火入れ方を教えてくれました。思いの外すぐに燃えてビックリ。ただし、煙がすごい、高い天井に換気扇が取り付けてある。

木を燃やす良い匂い。明日から毎晩いろりに火を入れよう。

持参した荷物を少し片付けて、10時半には床に入る。

智頭町 田舎暮らし徒然日記カレンダー

プロフィール
9月26日(日)晴時々曇 広島から智頭町へ 9月27日(月) 晴れのち雨  森林セラピー体験 9月28日(火)晴夕方から雨  杉玉作り体験
9月29日(水) 晴後曇 雑誌「田舎暮らしの本」の取材班来訪 9月30日(木) 雨後曇 藍のタタキ染め体験 10月1日(金)晴 光専寺襖絵拝観と新田地区散策
10月2日(土)晴後曇 芦津地区祭り準備に参加 10月3日(日)曇後雨 植林ボランティア活動 10月4日(月)雨のち晴 極楽寺写経体験と那岐地区散策
10月5日(火)曇時々雨後晴 智頭宿の散策 10月6日(水) 晴 曲ワッパの製作体験と牛臥山(公園)散策 10月7日(木)晴 波多(はた)地区・花祥庵訪問
10月8日(金)曇後雨 板井原集落の散策 10月9日(土)雨後曇 「いろりの家」の後片付けと能面師訪問 【番外編】10月10日(日)雨後曇時々雨  芦津神社秋祭り見物
あとがき~田舎暮らし体験を終えて~

Twitter

  • facebook
  • LINE@
ふるさと鳥取県定住機構

〒680-0846 鳥取市扇町7鳥取フコク生命駅前ビル1階
TEL0857-24-4740 FAX0857-24-4736

ふるさと鳥取県定住機構TOPへ