ふるさと鳥取県定住機構
ふるさと鳥取県定住機構

企画を終えて

鳥取県の街並みと、企画を終えての感想


 ◆鳥取県、移住、田舎暮らしに対する思いの変化

 気候は、多分年間の中で一番厳しい頃と思います。しかし自分は春夏秋冬と知っているので驚きはなかったです。山があり鮎・渓流魚の釣れる川があり、きれいな海がある魅力的なところです。
それよりなにより、暖かい人柄が、
一番ですね。妻の家族・親戚の人たちの優しさは知っていましたが、県民の方の人柄性だと改めて感じました。

 今回の同行取材で一番自分にとって良かったことといえば、やはり自分が住んでいる京都にはない、仕事(飲食店)のチャンスが鳥取にはあるのではないかと強く感じたことです。 
地域の違いで、まだまだお互いに珍しい料理、販売方法・店舗の雰囲気等々・・・しかも、野中の広い一軒家には、
ますます憧れました。 
今すぐに実行できるかどうか、それは難しいですが、
妻の実家があり、県民性の暖かい鳥取県は、大きな候補なのは間違いないです。

(浦川)浦川さんのプロフィールはこちら!

 訪問させていただく前に比べると、冗談ではなく鳥取移住に対するモチベーションは格段に上がっています。この歳なのでオフィス系で雇用の仕事はまず無いでしょうし荒木さんのようにな新規就農で頑張るイメージは、自分の中で湧いてこないこともあり、FCとかも含め、自営業とかで出来ることはないかとも真剣に考えています。

 人が少ない分だけ人と人の関係を大切にする風土と、自然の厚みに誘因されるのでしょう。

(福嶋)福嶋さんのプロフィールはこちら!

『田舎暮らしの本 4月号』

 ◆今回取材に同行させていただいた記事が、「田舎暮らしの本 4月号」(宝島社)に掲載されています!
ご購読を希望される方は、下記の画像をクリックしていただくと田舎暮らしの本購入ページへ移動します。

Twitter

  • facebook
  • LINE@
ふるさと鳥取県定住機構

〒680-0846 鳥取市扇町7鳥取フコク生命駅前ビル1階
TEL0857-24-4740 FAX0857-24-4736

ふるさと鳥取県定住機構TOPへ